タイヤパンクの季節

タイヤパンクの季節

 

タイヤパンクの季節⁇

聞いたことないですよね(笑)

感覚的なものですが2月後半から4月初旬までの間、

パンク修理の依頼が増えます!

これもあくまで想像ですが、少なくなったとはいえ

この時期は工事が増えます。

パンク修理のタイヤには鉄板ビスが刺さってることが多いですね。

道路工事によって道路の端っこを走らされたり、

工事に使うクギ等が落ちてしまったのを踏んでしまう可能性が増えるんですね。

気をつけても防ぎきれないですよね。

 

タイヤの空気圧を適正にする事で空気の少ないタイヤよりはパンクしにくくなると思います。

燃費も良くなります。

 

運悪くパンクしてしまったら直ぐにレッカーサービスを呼びましょう。

保険証券にレッカーサービスの電話番号が書いてあるはずです。

少し手間と時間がかかりますが、無料です。

無理に走行するとタイヤそのものがダメになって

パンク修理で済むものがタイヤ交換になってしまったケースがしばしば見受けられます。

今の車はスペアタイヤが付いてない車種が多いです。

タイヤパンク修理キットはありますが、使うとタイヤの中が白い液体でベタベタに。

タイヤをホイールから外して中の液体を取り除かないと行けません。

パンク修理の他にタイヤの脱着、清掃、修理キットの液剤と余計な費用がかかります。

あくまで非常用ですね。

タイヤの横が切れてのパンクには修理キットでは直せません。

 

皆さまのタイヤにクギが刺さりませんように。

 

 

   

この記事を書いた人

青柳 至貞
青柳 至貞あおやぎ よしさだ
あなたの言葉にならない想いをくんで、それを提案できるよう心掛けて仕事をしています。釣り好きの社長です。

関連記事

つばめの子 巣立ちました
自然災害時の保険きちんと加入していますか?... 台風15号、19号に続き10月25日の大雨、最近自然災害が頻繁に発生して怖いですね。 他社で保険加入している方で、15号の被災で保険がまったく出なかった、ほんの少し しか出なくて足りないなどのお声が聞こえてきました。 実際昔に入った保険の内容を知らない人がほとんどだと思います。 色々お話を聞いていく中で15号の台風後 火災保険を弊社へお乗り換えして頂くかたが増えてきました。形のない「保険」を販売することは信頼が大切。一緒に内容を考えて、しっかり説明して、フォローしていくことが大切だと私は思います。 弊社でご加入の方は災害後の安否確認や申請お手伝いをしますのでご安心ください。
梅もどし 梅もどし

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL