キャリートラックのサービスキャンペーンのお知らせ

キャリートラックの

サービスキャンペーンのお知らせ

サービスキャンペーンってなんかお得な感じですが、

メーカー保証修理です。

紛らわしいネーミングですよね。

全部リコールって言ってくれるとわかりやすい

のですが、厳密には違いがあるようです。

 

リコール>改善対策>サービスキャンペーンの順で重要度が違います。

基本的にはメーカーのミスであり、メーカーの責任において修理を行います

と言うことですが、違う点は

 

リコール
その不具合が原因で道路運送車両の保安基準に適合していない

又は適合しなくなるおそれがある状態。
放置しておいたら重大な事故に繋がる可能性があります。

 

改善対策
道路運送車両の保安基準に規定はされていないが、不具合が発生した場合に

安全の確保及び環境の保全上看過できない状態。
これも、放置しておいたら危ないですよね。

 

サービスキャンペーン
上記には該当せず、その不具合が原因で品質上の問題など

不快な思いをする可能性がある状態。
放置しておいても、不快な思いはするが、

重大な事故等の危険に繋がる事はない。

無期限で行うキャンペーンや、

保証期間の延長という形を取ることもあります。

 

リコールがある場合は修理しないと車検に通りませんが、

改善対策、サービスキャンペーンは修理しなくても車検には通ります。

 

今回の修理個所は当社でもキャンペーンが出る前から

2台、メーカー保証で部品交換している箇所でした。

いずれも対象部品からオイルが漏れていて

前述の不快どころではなく放置していたら

危険なハンドル操作にかかわる部品です。

幸い、定期点検時に発見出来て早めに

交換できました。

その方も対象なのでさらに対策を厳重にする

ということなのでしょう。

 

当社でも作業可能です。

ただし、対象車両を報告してから部品供給になってます。

(このへんはお客様に優しくないですよね。

メーカーさん、お客様視点で再検討お願いします。)

初めての入庫の方は前もって電話でのご連絡を

お願い致します。

 

 

   

この記事を書いた人

青柳 至貞
青柳 至貞あおやぎ よしさだ
あなたの言葉にならない想いをくんで、それを提案できるよう心掛けて仕事をしています。釣り好きの社長です。

関連記事

6月のほんとシリーズ 10名限定お買いもの実践編
台風15号の被害 台風15号の被害に合われた方、今なお停電や断水にお困りの方へ心よりお見舞い申し上げます。弊社も工場や倉庫に被害を受けましたが、ボランティアでお手伝いしてくれた仲間の手助けもあり翌日10日には通常営業を開始することができました。 困った時にすぐかけつけてくれた仲間に感謝とともに、自分達もお客様をはじめ仲間内が困っているときはすぐに手を差し伸べられるようになりたいと改めて思いました。 弊社で火災保険ご加入のお客様には全件当日9日に被害状況の確認電話をさせていただきました。今回千葉に被害の多い台風だったので、ほとんどのお客様のご自宅に被害がありました。弊社の地区は幸いに停電しなかったので、当日から電話が使え、事故受け付けや被害の写真を撮りに出向く事ができました。ご要望のあったお客様へは業者の手配を行い、その結果瓦など被害があったお宅は雨が降る前にすぐに応急処置をすることができて良かったです。瓦屋さんや大工さんは連日の台風猛暑の中で復旧に奮闘してもらって感謝致します。 台風被害当日から日を増すにつれお客様からの台風でガラスが割れた、車が傷ついてしまった等の修理依頼が増えております。 台風などの風の飛来物がぶつかったものは車両保険(一般又は車対車)にご加入の方は来年1等級下がってしまいますが、車両保険の適用となります。 修理するか迷っている方、自分がどんな時に出る保険に入っているかわからない方は一度ご相談下さい。任意保険証券を見せていただければご案内いたします。 4日経過した本日でもまだ停電断水している地区もあります。携帯の充電やエアコンに涼みに来るだけでも結構ですので困っている方はお立ちよりください。  
2月24日(土)~3月2日(金)展示会を開催します!... 2月24日(土)~3月2日(金)展示会を開催します!
保証期間延長 スズキのお車をご利用の方へ保証期間延長のお知らせです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL